skip to Main Content

CRESSONについて

お花への想い

CRAFTSMAN of MIND

CONSEPT
h2_line_blk

CRESSONについて

あなたのお役に立てる“名脇役”でいたい。

お花は人生のスタートの時から私たちに祝福を贈ってくれている、
とても身近でかかせないギフトです。

クレソンはそんな「花飾り」に創意を凝らし
お客様に喜びと元気を
一日一日に彩りを添えられるような商品を日々提供しております。

HISTORY

SONCE 1986
h2_line_blk

創り花を通じて

“よりおしゃれに” “より心豊かに”

日本ならではの手先の器用さを生かした創り花モチ-フを企画し、レースや布素材を使用して、
ひと花、ひと花 想いを込めて丁寧に創り、貴女のお役に立つ事を祈りつつ、
花モチ-フの付いた小物・インテリア・服飾雑貨・エプロン・ウエア-等の商品を提案し続けています。

創り花モチ-フのある商品は 可愛さ 優雅さ 楽しさ・・・
素敵なライフスタイルを演出します。

国内素材、国内生産への、「こだわり」。きめ細やかな創り花モチ-フへの、「こだわり」。
様々な「こだわり」を大切にしている岡山市にあるメ-カ-です。

創業理念をお客様とわかちあう

夢 喜び 貢献

創り花が大好きな職人たちが集まりました。
こうした職人の「創りたい花」を実現できる舞台を、
社員ひとりひとりが夢をかなえ、喜ぶことのできる会社を

そして、その感動をお客様と分かち合える。

クレソンはそんな地域社会に根付き、貢献できるような会社を目指しています。

ORIGINALITY AND INGENUITY

EFFORTS
h2_line_blk

職人との取り組み

“かわいい”と“機能性”の追及

ひとひらひとひら
可愛らしい花飾りを、一つ一つ。
お花に合う素材。肌に優しい素材。
様々な組み合わせの中から妥協せず選び抜いたこだわりの一品たち。
日常使いにこだわるからこそ、使いやすく、おしゃれな製品になるように心がけています。
生活を彩る可愛い花飾りの魅力に触れていただけるクレソンの作品たちです。

職人との取り組み1

想い描いた形に仕上がるように型を起こします。立体的な仕上がりになるように全体をイメージしながら描き起こします。

職人との取り組み2

飾り付ける花飾りを一つ一つ丁寧に縫製し、ふっくらと優しいお花になるように組み合わせていきます。

職人との取り組み3

出来上がった製品の最終チェックを念入りにしています。タオル地などの繊細な製品も隅々まで検品いたします。

デザイナーインタビュー

“かわいい”と“機能性”の追及
クレソンデザイナー 柴田好美

月日の経つのは本当に早いものです。花モチーフ商品を作り始めてもう16年になりました。
入社のきっかけは、友人の紹介でした。前職も似た職場で働いていた経験もあり自分のキャリアを活かすことができると思い、お世話になることを決めました。
思い返せば、花モチーフ一筋の16年。「可愛い服をありがとう」という、沢山の嬉しいお言葉を頂戴しながら今に至っています。
クレソンには3つのブランドがあります。そのひとつひとつはコンセプトが異なり、そのコンセプトに合わせたモチーフづくりは私の生きがいにもなっています。商品全体のイメージから、モチーフ自体の生地、デザインを決めていく過程が楽しく、喜びを感じる瞬間でもあります。

デザイナーインタビュー1

花モチーフづくりの一歩は、生花を参考にするところから始まります。
花弁、がく、葉などひとつひとつを細かく捉え、時にはスケッチしながら花を探求します。でも、それは模してそっくりそのまま作るためではなく、お客様が、服や小物を身につけている姿を想像し、その方を可愛らしく、素敵に演出できるモチーフデザインにアレンジしていく為です。
実際に出来上がる花モチーフはこの世の中に存在しないクレソンだけの花。もしかするとクレソンの花畑に咲いている、いろいろな想いが詰まった花なのかも知れません。

デザイナーインタビュー2

花モチーフの素材は全て布です。シーズンによって生地に流行りがあるので生地のセレクトにはとても気を使います。布には大きく分けてニット・布帛・ナイロンといった3つの種類があります。さらにそれぞれは、数え切れないような種類に細かく分かれています。
その中から、お客様のニーズにあった生地をセレクトし、花モチーフ商品の企画開発を行なっています。最近は汗を拡散する生地、オーガニック生地なんかも増えてきています。

デザイナーインタビュー3

クレソンで花モチーフ商品を企画開発する仕事が、「とても好きですね」。
全てにおいてゼロから考えて作らないといけない仕事です。何よりもお客様の喜んでいる顔が思い浮かんできて、「がんばらなくっちゃ」という気になります。
女性にとって、お洒落ってとても必要なこと。「日常の生活の中で、そっと女性を彩るお手伝いができたら・・・」そんな想いで、日々仕事に向き合っています。
ちなみにクレソンは、ステーキ料理のお皿の上に添えられている、野菜のこと。控えめに主役を引き立てる名脇役と言った感じでしょうか。これからも、花モチーフの新しいジャンルに挑戦しながら、ひとりでも多くのお客様の喜ばれる顔に出会いたいと願っています。どうぞ、クレソンを見守ってください。

NEW APPROACH

I WANT TO HELP YOU
h2_line_blk

介護商品の中にも“おしゃれ”を

足元や身につけるものにお花の想いを

これまでに数え切れないほどのお花飾りを制作してきました。
「より心豊かに」をテーマに取り組み続け、はや30年とゆう年月が流れました。
そういった日々の中、お客様から
「もっと可愛い施設用の靴が欲しい」
という言葉をお聞きしました。
クレソンだからこそできる+アルファの可愛らしさ
スタッフやデザイナー、介護施設の方々との打ち合わせを何度も繰り返し
お客様に喜んでいただける商品を開発しています。

介護商品の中にも“おしゃれ”を1
トップページメイン画像
ケア帽子
Back To Top